株式会社 西川  
 

実績・顧客満足度トップクラス! 液状化・地盤沈下など、地盤のことならお任せください!
安い・早い・安心

住宅地盤保証システム

 

IGLAD

 

HOME»  工法紹介

工法紹介


     工法紹介

家の傾き直しには、様々な工法があります、
 
まず、建物の傾きの原因を見つけて、建物の、

地盤、立地条件、基礎の形状、状態、傾きの程度、

お住まいになられる方の、ライフスタイル

(家族が増える、売る、貸す、予算、地震に備える等)

によって、最適な工法をご提案致します。


地盤改良と沈下修正が同時にできる、

業界トップクラスの実績の工法もあります。


ウレタン・水ガラス・一般グラウトは再沈下の例が多いです


一番高価な、鋼管杭工法でも、地盤によっては、

地盤改良が、必要な場合もあります。

鋼管杭工法をアンダーピニング工法ともいいますが、鋼管の

太さが太すぎたりブロックを積み重ねる方法などは、強度が

弱いです。



 

地盤ロック工法

□ 地盤改良と、沈下修正が同時に出来ます。 

   業界トップクラスの実績数です。

□ 良心的な金額です・

   同じ精度・打設量・で、100万以上安い例も

   合い見積もり、歓迎です。 


□  自社10年保証に加えて、第三者保証も出来ます。

   自社保証をすると言って、連絡取れなくなる会社もあります

   水ガラス・一般グラウト・ウレタン等は再沈下の例が多いです。

    
□ 工事前後で、第3社の地盤調査をして、強度を証明してます。
 
   データも、HPに掲載してます。

   

 

注入工法

地盤ロック工法(改良)

部分改良 20万


 
地盤ロックイメージ

強度の強い地盤ロック材で地盤改良をし、液状化、地震に強い地盤に改良を行う

 

地盤ロック工法(改良・修正)

施工費 100万~

工期 約 3日~
 

地盤ロック工法(改良+注入)

強度の強い地盤ロック材で地盤改良を基本とし、

地盤ロック材の注入により沈下修正を行う

【特徴】 

  • 沈下の原因となる地盤を強くするので再沈下、
  •  
  • 液状化に強くなります。
  •  
  • ベタ基礎・布基礎.・杭基礎可能
  •  
  • 狭小地(ジャッキ補助も可能)
     
  • 建て替え時処分不要、
  •   
  • 建て替え時、地盤補強費が安くなる。
     
  • 売却時の資産価値が上がる。
  •  
  • 住宅沈下修正実績NO1のノウハウで
  •  
  • 地盤を強くするので安心。
  改良深さは地盤により12Mも可能

  特殊材料で固まるスピードを3秒から

    調節可能  仮住まい不要

  建具の調整・給排水管調整・壁補修・床・
  
  調整対応    10年保証可能
  • ※基準建物面積約18坪の目安 

※調整高さ地盤により変動、

配管など復旧費用含む  
      
  液剤注入で

  樹脂・ウレタンを使う場合がありますが

  再沈下の可能性が高いため、

  仮設的な建物や、土間に向き

  住宅には向かないです。   ・ご注意下さい

  液剤注入工法は震災前からあります、

  似た名前を付けて、震災後特許を取得し

  高額な見積りを出す業者がいます

  資本金・施工実績、

  本当のお客様の声の数で比較ください

 

ジャッキ工法

土台上げ工法

施工費 90万~ [部分上げ20万~]

工期 約 3日~

 



建物本体の土台下に爪付きジャッキを挿入してジャッキアップする。補強などを行い既存基礎を再使用する場合が多い。アンカーボルトを切断するため修復後の基礎と建物の緊結に注意が必要。

【特徴】

  ・安定した地盤が条件
  ・部分上げに向く

  • ベタ基礎、布基礎どちらも可
  •  
  • ※施工費用は基準建物面積約18坪の目安
※床・壁の修復費用が別途必要
※配管等補修費用別途必要
  • 地盤が弱い場合
  • 地盤改良をしていないと
  • 再沈下の可能性あり
  •  

耐圧板工法

施工費 250万~

工期 約10日~

 

基礎下を掘削して耐圧版を構築し、耐圧版を反力に基礎をジャッキアップして傾斜を修復する。

【特徴】

  ・安定した地盤が条件

  アンダーピニング工法に比べるると工期も短く安い

  • ベタ基礎、布基礎どちらも可
  •  


※基準建物面積約18坪の目安
※調整高さ等により変動、配管などの復旧費用別途必要
  • 地盤が弱い場合
  • 地盤改良をしていないと
  • 再沈下の可能性あり
  •  
  •  
  •  
  •  

  • ご注意下さい
  • 地盤が柔らかいのに地盤改良せずに、耐圧版の下に
  • コンクリートブロックを何メートルも入れて安くするところがありますが積み木を積んだ状態なので弱いです。
  •  
  •  

 

 
 
 
 

銅管抗

施工費 350万~

工期 約 2週間~

 


基礎下を掘削して建物荷重により径115ミリ長さ50CM程度の鋼管杭を継ぎ足しながらジャッキで地中に圧入する。支持層まで貫入後、逆にこれを反力にジャッキアップする。

【特徴】
  ・厚みのある支持層まで打ち込
    むことにより、確実な修正が   できる

  • ベタ基礎、布基礎どちらも可能
  •  

※基準建物面積約18坪の目安
※調整高さ等により変動、配管などの復旧費用別途必要
杭の支持深さにより変動

・工期が長い
・建て替え時撤去の問題あり
・支持層に厚みがない場合向かない
・点支持の為
 地盤に依る沈下の場合は
 地盤改良もすると最上





ご注意ください

鋼管径 が太いと摩擦で深く入らないです、当社は直径114ミリを基本としますが、他社で直径300ミリを打ち込み、浅く打って安く出来るという業者がいますが、注意が必要です




 

 

液状化対策工法

地盤ロック工法

地盤ロック工法とは、地盤の土の粒子の隙間に薬剤を入れて地盤を強くし、液状化や地震に対して強くするという画期的な新工法です。

その結果、地盤の改良効果と工期の短縮および工事費の大幅な削減を可能にしました。
また、この地盤ロック工法は新築時にも採用される工法です。
災害後地域トップクラスの実績があります。
液状化の仕組み          工事に使う材料は公害にならない?

 

レーザー診断

私どもでは適切な工事をさせていただくにあたり、一級建築士によりお見積りの前に無料レーザー診断をさせていただいております。
診断は、基本お家の中から測らせていただきますが、外からも測ることは可能です。
約30分ほどのお時間をいただいております。

なお、レーザー診断及び、お見積り、役所への補助金申請の段階までは全て無料にて対応させていただいております。

役所による傾き調査とは異なり、レーザーにより細かくお家がどの方面にどれほど傾きが出ているのかを診断できます。想定以上の傾きが判明することも多くございます。

また、あわせてお家の基礎部分も確認もさせていただきますので、安全性も確認することが出来ます。
以前診断させていただいたお宅では、地震により沈下し、基礎と地面の間に大きな空洞化が生まれていることが判明したケースもございます。
 
診断により、お家の現状をより把握することができますので、一度レーザー診断をすることをお勧めします。

 

レーザー診断

 

レーザーを建物内で照射し測量することを基本にします。
外壁では、誤差が大きく、また、建物内部の歪も判らないです。

お住いの地域の地盤状況を把握した上で、精密に測量致します。
周囲の建物が傾いている場合、体感できないぐらいの傾きが実際にある可能性があります。

地盤改良をお考えや、地盤が今後傾いてしまうか心配など地盤でお困りの際は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

お問い合わせ

無料診断・資料請求・お問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら